お知らせ 調査研究

【在宅応援2】おいしい!キッチン簡単実験:牛乳が大変身!

2020年4月20日

新型コロナウイルス感染防止対策で学校が休校になったり、在宅することが多くなったみなさんにコープデリ商品検査センターからの在宅学習応援企画として家庭でも楽しめるコンテンツを配信します。

 
『わくわく食のサイエンス 在宅応援シリーズ』
 
No.2【おいしい!キッチン簡単実験】牛乳が大変身!
 
 
いつも食べているおなじみの食べ物で実験してみよう。
実験のあとは、おいしく食べられるよ!
 
※実験をするときは、必ずおうちの人と一緒におこなってください。
 食べ物を作る前には、しっかり手洗いも忘れずに! 手洗いポイントはこちら
 
  
ふりがなつきの実験シートもダウンロードできます。
どうぞ家族のみなさんで楽しんでください。

1.準備
【材料】
◆牛乳:300ml
◆レモン汁:大さじ1
◆塩:小さじ1/4
≪D≫コープ牛乳.jpg レモン果汁70ml.png 
 
 
【道具】 
◆小なべ
◆ざる
◆ボウル
◆へら
◆不織布タイプのキッチンペーパー or こし器
(紙のキッチンペーパーは破れやすいので使わない)
 
 
※最初に準備しておこう
ざるとボウルとキッチンペーパーをセットしておいてね。
ざる準備.png
 
 
 
2.実験方法
①牛乳に塩を加え、ふっとうするまで温める(細かな泡が出るくらい、ちゃんとふっとうさせて大丈夫)
2なべ牛乳.jpg 
 
 
 
②ふっとうしたら火を止めて、レモン汁を加える。水分と小さなかたまりに分かれる(分離する)とOK。
うまく分離しないときは、加熱が足りないかも。もう一度、分離するまで弱火にかけてください。
3分離.jpg 
 
 
 
③キッチンペーパーで水分をこす(15分くらい)。時々、たまった水(ホエイ)を取り除く。※ホエイはとても栄養のある部分なので、スープのだしに使ったり、ジュースなどで割って飲んだりして、活用してみてください★ 
3こす.jpg 
 
 
 
 
さあ、牛乳が何に変身したかな?
 
 
 
 
 
 
PB194677.JPG 
なんと、おいしいカッテージチーズに変身しました!
クラッカーにのせたり、サラダの上に散らしたりして、家族にごちそうしてあげてね。
 
 
 
●どうして牛乳が固まるの? 
 
牛乳にレモンを入れて固まるのは、「酸」のはたらきで牛乳に含まれる「たんぱく質」が変質(性質が変わる)して、水分(ホエイ)と分かれるから。
ほんもののチーズは「乳酸菌」の作り出す「酸」で牛乳をかためて作ります。 
 
 
おいしい実験で、食べ物の不思議を学習してね。
 
 
シート.png 
↓実験シートはこちら↓ 
在宅実験2-1_牛乳大変身.pdf 
 
 
 
●アレンジレシピで楽しもう!
 
◆コープの『くだもの&玄米黒酢シリーズ』で、スイーツ風チーズを作ってみよう!
(このときは、塩を入れないでね)
無題.png  
 
 
◆豆乳を使って植物性チーズ風に。ほんのり大豆風味が新しい! 
オリーブオイルと塩コショウをかけると、ちょっとしたオードブルにも。
無調整豆乳.png 
 
 
 
 
家族で楽しく食を学んで、食卓を笑顔にしてくださいね。

 過去の記事はお知らせ一覧調査研究のページから見てください。