お知らせ 調査研究

【在宅応援】おいしい!キッチン簡単実験2:色が変わるラッシーを作ろう♪

2020年4月24日

新型コロナウイルス感染防止対策で学校が休校になったり、在宅することが多くなったみなさんにコープデリ商品検査センターからの在宅学習応援企画として家庭でも楽しめるコンテンツを配信します。

 
 
『わくわく食のサイエンス 在宅応援シリーズ』
 
No.3【おいしい!キッチン簡単実験】色が変わるラッシーを作ろう♪
 
 
いつも食べているおなじみの食べ物で実験してみよう。
実験のあとは、おいしく食べられるよ!
 
今回は、インドで人気のヨーグルトドリンク「ラッシー」をアレンジ。
話題のラッシーを、色を変えながら飲んじゃおう♪ 
日本の酪農応援で、たくさん牛乳を飲みたいときにも楽しくできます。
 
 
※実験をするときは、必ずおうちの人と一緒におこなってください。
 食べ物を作る前にはしっかり手洗いも忘れずに! 手洗いポイントはこちら
 
 
ふりがなつきの実験シートもダウンロードできます。
どうぞ家族のみなさんで楽しんでください。

 
1.準備
【材料】
◆牛乳:150ml
◆ブルーベリージャム:大さじ1
◆レモン汁:大さじ1
≪D≫コープ牛乳.jpgのサムネイル画像 ブルーBジャム控えめ.png レモン果汁70ml.pngのサムネイル画像
 
 
 

2.実験方法
①コップにブルーベリージャムを入れて、つぶすようによく混ぜます。
1ジャム混ぜ.jpg 
 
 
 
 
②ジャムのコップに牛乳を入れてよく混ぜます。
コップにジャムがくっつきやすいので、よ~く混ぜてください。
2牛乳いれ混ぜ.jpg 
 
ほんのり青紫色のブルーベリーカラーになりました。
 
 
 
 
 
③そこに、レモン汁を加えると・・・
5レモンいれ.jpg  
! レモンがたれたところが!! 
さらによく混ぜると・・・ 
  
 
④ほんのりかわいいピンク色になりました!
6ピンク.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
甘酸っぱいラッシーは暑いインドで大人気。
カレーにもピッタリです!
 
レモンがすっぱいときは、少し砂糖をたしてみてね。
 
 
 
 
●どうして色が変わるの?
 
ブルーベリーの青紫色は、「アントシアン」という色素(色の成分)によるものです。この色素は、酸性やアルカリ性で色が変わります。
牛乳を入れただけのときは、真ん中の性質で「中性」。このときの色は「紫色」。
レモンは酸性なので、たくさん入れることでコップの中身が酸性になって、酸性のときの色の「赤」になりました。 
 
 
 
●レモンを入れたらトロッとしたよ。どうして?
 
おいしい!キッチン簡単実験①≪牛乳が大変身≫は、もうためしたかな?
簡単実験①も、牛乳がレモンの「酸」でかたまりました。
今回は、温めていないので、かたまり方がゆるやかです。 
 
 
 
レモンがすっぱすぎるときは、ジャム:大さじ1、牛乳:100ml、ヨーグルト:100g、レモン汁:小さじ1でも作れます。
ジャム→牛乳→ヨーグルト→レモン の順番で混ぜていくと、少しずつ色が変わるのが楽しめます。
(ヨーグルトはレモンほど酸が強くないので、色の変化はレモンだけのときよりも少なくなります)


ラッシー.png 
↓実験シートはこちらからダウンロードしてください↓ 
在宅実験3_ラッシー.pdf

 
 
現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言の対象地域拡大によって、学校給食や外食産業における牛乳や乳製品の消費の更なる減少が懸念されています。
農林水産省は、酪農家を支えるため、牛乳やヨーグルトを普段より1本多く消費することを推進する「プラスワンプロジェクト」を2020年4月21日より開始しました。 
 
毎日牛乳をもう(モ~)1杯。育ち盛りは、もう(モ~)1パック。実験を楽しみながら牛乳をもっとおいしく、たくさん飲んでくださいね。
 
食卓を笑顔に、地域を豊かに。 

ミニNねこ.png(Y.N)

過去の記事はお知らせ一覧調査研究のページから見てください。